【ソウル通信①】韓国の出版業界事情 本と社会研究所代表・白源根氏 “再販戦争”を経て現行維持に

2021年1月25日
 韓国では昨年、「図書定価制」と呼ばれる書籍の再販制度をめぐる議論が社会的な話題の一つとして挙げられた。  新しい再販制が始まった2014年以来、3年ごとに制度の再検討が義務つけられた出版文化産業振興法によって、20年に予定された2回目の再検討を控えた…続き、