【決算・人事】紀伊國屋書店、コロナ禍で減収減益も3年連続黒字確保

2020年12月1日
  紀伊國屋書店は11月30日、126期(2019・9・1~20・8・31)決算を発表した。コロナ禍による国内外店舗休業などにより、連結売上高は前期比5.7%減の1143億5879万円となったが、経費削減に取り組むことで営業利益は同67.0%減の5…続き、