第1回京都本大賞、『珈琲店タレーランの事件簿』に決定

2013年11月6日
 【関西】京都を舞台にした小説の中から、最も地元の人に読んでほしい本を決める「第1回京都本大賞」に岡崎琢磨著『珈琲店タレーランの事件簿』(宝島社文庫)が選ばれ11月3日、京都市中京区のゼスト御池内にあるカフェで授賞式が行われた。 同賞は今年6月に世話人会(中村晃…続き、