芥川・直木賞、受賞作の重版・初版部数が決まる

 | 
2012年1月19日
日本文学振興会主催の第146回(平成23年度下半期)芥川賞・直木賞の選考委員会が1月17日、東京都内で行われたが、直木賞を受賞した葉室麟『蜩ノ記(ひぐらしのき)』(祥伝社)は受賞後2刷10万部を決め、累計8刷12万6000部となった。 同書は昨年10月27日、初版1万…続き、