創元社、矢作勝美氏『明朝活字の美しさ』を刊行

 | 
2012年1月18日
活字の歴史、主に明朝活字の研究を続け、日本出版学会の副会長などを歴任した矢作勝美氏が、このほど『明朝活字の美しさ 日本語をあらわす文字言語の歴史』を創元社から初版1500部、本体1万6000円で刊行した。 矢作氏は1976年に平凡社から『明朝活字』を出版したが、同書刊…続き、