印刷博物館、生活者の心理突いた店頭デザインを展示

 | 
2011年2月9日
印刷博物館P&Pギャラリーが2月1日から開始した企画展「店頭デザイン大解剖展」が盛況だ。生活者に購買行動を起こさせる最後のアピールポイント、店頭デザインを書店、食品、自動車の事例で紹介している。 ディスプレイの前に立つと音を発したり、可動するものなど、「つい見てしまう…続き、