平安堂、他書店と共同で古書併売ビジネス 収益向上と顧客サービ

 | 
2006年3月16日
平安堂は古書の併売を行うために複数書店で新会社を設立し、物流、価格データベース、著作権者との関係作りなどを行う構想を進めている。新刊書店が古書を取り込むことで顧客サービスと収益性の向上を目指す。 同社・平野稔会長はこの構想を勝木書店、田村書店、三省堂書店などとともに組織…続き、