出版労連、年末闘争方針を決める 65歳定年制実現目指す

 | 
2005年10月18日
日本出版労働組合連合会は10月13日、東京・文京区民センターで第104回定期大会第1回中央委員会を開き、05年秋季・年末闘争方針を決めた。 同会には中央委員70人が出席。方針として、年末一時金「誰でも3カ月以上、47万円以上」の獲得や、06年4月に施行される「高年齢者雇…続き、