活字文化振興法を参院本会議で可決 反対は喜納昌吉議員1人

 | 
2005年7月22日
超党派の国会議員でつくる活字文化議員連盟が議員立法とし提出した「文字・活字文化振興法案」が7月22日、参議院本会議で可決、成立した。賛成220反対1だった。反対票を投じたのは民主党・喜納昌吉議員。同日、書籍協会、雑誌協会は成立に対し「誠に喜ばしく議連に深く感謝の意を表す…続き、