新規登録のご案内


メール会員(無料会員)

 ご登録いただくと、押さえておきたい業界のトピックがわかる「文化通信ニュース速報」をはじめ、セミナー等の先行案内、優先申し込みなどお得なご案内を配信いたします。


※「文化通信デジタル版」の有料コンテンツについては有料会員のみが閲覧可能です。
※無料会員につきましてはID・パスワード等の発行はございません

 

無料会員登録フォーム

 メールアドレスをご登録ください。折り返し、認証メールを送信いたします。

 

 

  • 送信元はThe Bunka News ( cstmem@bunkanews.co.jp )となります。
  • 登録から3営業日以内にメールが届かない場合は、迷惑フォルダ等に入っている可能性がありますのでご確認ください。
  • 受信できない場合、配信の停止をご希望の際はこちらよりお問合せください。

文化通信デジタル版 3,429円/月(税抜)

 「文化通信デジタル版」をご利用いただくプランです。通常のテキスト記事に加え、PDF紙面(2019年度以降)もご利用いただけます。

 「文化通信デジタル版」のサービス概要はこちら

※6か月・12ヵ月の契約となります。


※有料会員登録のお申し込みをいただくためには、下記規約への同意が必要です。 会員規約を必ずお読みいただき、下のボタンをクリックしてお申し込み下さい。




文化通信社 オンライン情報サービス 会員規約

第1条(目的)

本規約は、株式会社文化通信社(以下「当社」といいます)が提供する会員制デジタルサービス「文化通信デジタル」(以下「本サービス」といいます)に関して、利用条件を定めるものです。

 

第2条(会員)

ここでいう会員とは、第3条の手続に従って本サービスへの会員登録の手続きをした法人または個人で、当社が会員登録を承認した者をいいます。

(1)本サービスには無料会員と有料会員があり、利用可能なコンテンツ・機能は会員種別により異なります。

(2)本サイトの利用にはインターネットへの接続が必要です。通信料金はユーザーの負担となります。

(3)本サービスは、当社と会員間で別途合意がない限り、会員に発行されるアカウント(ユーザーID及びパスワード)は1つとし、当該会員のみ(法人会員の場合は登録した担当者のみ)とします。

(4)未成年者は、法定代理人の同意を得なければ本サービスを利用できません。

(5)本サービスでは、当社の判断によりコンテンツを削除する場合があります。

第3条(入会の承認・不承認)

1.本サービスの有料会員を希望する者(以下「登録申請者」といいます)は、本規約を承認のうえ、当社が別途定める手続に従って登録を申請(以下「登録申請」といいます)することにより、本サービスの利用を申し込むこととします。

2.当社は、前項に従い登録申請者より登録申請を受けた場合、必要な手続、審査等を行ったうえで、当該登録申請を承認するかどうかを決定するものとします。

3.当社が前項に従って登録申請を承認した場合、当社は当該登録申請者に対し、その旨をすみやかに通知するものとし、登録申請者はこの時点で「仮会員」としての資格を得るものとします。  

4.登録申請者(仮会員)は、当社からの登録申請承認を受け取ったのち、すみやかに別途定める利用料金(以下「会費」といいます)を、当社の指定する支払方法で振り込むものとし、当社が仮会員の会費振込を確認したその時点をもって、登録申請者を正会員とするものとします。

5.本規約を含む当社と登録申請者との間の本サービスに関する契約(以下「本契約」といいます)は、当社が第3項の当該登録申請者に対して承認のメールを送信した時点をもって成立するものとします。

6.当社は、登録申請を却下した場合、当該登録申請者に対し一切責任を負わないものとし、かつ、登録申請を却下した理由を当該登録申請者に説明または開示する義務を負わないものとします。

 

第4条(会員の同意)

1.会員は、登録申請をした時点で、本規約の内容に同意したものとみなします。

2.会員は、当社が入会を承認した時点で、本サービスにおける当社からの電子メールを受領することに同意したものとみなします。

 

第5条(届出事項の変更)

会員は、登録申請時に届け出た事項(住所 社名 氏名 電話番号 メールアドレス等)の内容に変更が生じた場合には、当社に遅滞なく通知するものとします。

 

第6条(退会および会員資格の取消)

1.会員は、当社所定の方法により退会手続を行うことにより、退会手続を行った月の末日をもって退会できるものとする。

2.会員が以下の各号のいずれかに該当する場合、当社は、事前に通知することなく、ただちに会員の会員資格を取り消すことができるものとします。

(1)本規約の禁止事項に記載されている行為、その他本規約に違反する行為を行った場合。

(2)当社への届出内容に虚偽があった場合。

(3)前各号のほか、会員の資格を維持することが不適当であるかまたは本サービスの提供に支障があると当社が判断した場合。

3.当社は、前項に従い会員の会員資格を取り消した場合であっても、会員に対して一切責任を負わないものとし、会員は、会員資格の取消時点において所有している権利の一切を放棄するものとします。

4.第2項により会員資格が取り消された場合でも、取消時点において既に発生している会費その他の会員の債務について、会員は本規約の定めに従ってこれを履行するものとし、既に支払った会費については返還しないことに同意するものとします。

 

第7条(個人認証情報の管理責任)

1.会員は、メールアドレス、本サービスを利用するため当社が付与したID、自己の設定したパスワード等(以下「個人認証情報」といいます)について、自己の責任において管理するものとします。

2.会員は、IDおよびパスワード等を第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買等をしてはならないものとします。

3.当社は、第1項にかかわる会員の個人認証情報の自己管理部分については、一切の責任を負わないものとし、当該情報が、会員以外の第三者に使用されたことにより会員が損害を被った場合にも、一切の責任を負わないものとします。

4.会員は、IDおよびパスワードが盗まれたり、第三者に使用されていることを知った場合には、ただちに当社にその旨を連絡する義務を負うものとし、当社から、生じた事態に対応する措置の指示がある場合、これに従わなければならないものとします。

 

第8条(会員の責任)

1.会員は、会員による本サービスの利用と、その本サービスを利用してなされた一切の行為とその結果について、一切の責任を負うものとします。

2.会員は、本サービスの利用により、当社または第三者に対し損害を与えた場合(会員が、本規約上の義務を履行しないことにより当社または第三者が損害を被った場合を含みます)、自己の責任と費用をもってかかる損害を賠償するものとします。

 

第9条(著作権の保護および情報の利用禁止)

1.本サービスに基づき当社から提供されるコンテンツにかかる著作権は、当社に帰属します。会員は、著作権法に定める範囲内でのみこれを利用するものとし、本サービスのコンテンツの一部または全部を、当社に無断で転載・複製・改変・放送・頒布・出版・自動公衆送信等のために利用しないものとします。

2.会員は、有償無償を問わず、権利者の許諾を得ないで、第三者に当社が提供する情報を使用させてはならないものとします。

3.本条の規定に違反して問題が発生した場合、会員は、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、当社に何等の迷惑または損害を与えないものとします。

 

第10条(その他の禁止事項)

1.会員は、本規約の他の条項において禁止される行為の他、本サービスにおいて以下の行為をしてはならないものとします。また、当社は、会員が本サービスにおいて以下の行為を行い、または行うおそれがあると当社が判断した場合、当該行為を差し止めるために適切な措置を講じることができるものとします。この措置に対して、会員は一切の異議を申し立てることができないものとします。また、当社が当該適切な措置をとった場合であっても、別途、当社による損害賠償の請求を妨げないものとします。

(1)他の会員のID等を不正に使用すること

(2)会員(法人会員においては担当者)以外の者に、自己のID等を使用させること

(3)本サービスの運営を妨げるような行為

(4)本サービスの信用を毀損するような行為

(5)その他当社が不適当と判断した行為

2.会員が前項で禁止される行為を行った場合、その行為に関する責任は、当該会員が負い、当社は一切の責任を負わないものとします。

 

第11条(提供するサービス)

1.当社が提供する本サービスとは、ウェブサイト「文化通信デジタル」およびメール配信を通じたデジタル情報サービスを指すものとします。

2.当社は、登録申請者が会員資格を取得した後、当該会員に対して本サービスの提供を開始するものとします。

3.会員は、本サービスが、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆休み等の一定の期間においてサービスが停止される場合があることに予め同意するものとします。この場合において、当社は、当社のホームページに当該停止日を明示するものとします。

 

第12条(会費)

1.有料会員は、本サービスの利用料金として、当社と会員の間で交わされたサービス提供期間(以下「契約期間」といいます)に対応する利用料金を、会費の形で一括して支払うものとします。原則として、新規に本契約の登録申請を行った月は無料期間とし、会費の請求については登録申請の翌月から契約期間分をするものとします。なお同一会員から2回目以降の登録申請および会員契約数の増加については、無料期間を適用しないものとします。

2.契約期間中、a.第6条第1項に基づく会員からの退会申請によるもの、b.または当社の責めに帰すべき事由により本サービスの提供が中止に至った場合、会員が既に支払済みの会費を、下記の計算式により会員に対して返還するものとします。なお返還費用については、aの場合は会員負担とし、bの場合は当社負担とします。

返還額 = 支払済み会費÷契約期間×未提供残月数(中途中止月は含まない)

3.前項および第21条第3項の場合を除くほか、当社は、有料会員が既に支払った会費については、いかなる場合においても返還しないものとします。

 

第13条(会費の支払方法)

有料会員は、前条第1項の会費を、最初の契約期間については請求書が到着してから1カ月以内に、第15条2項により継続する契約期間についてはその前の契約期間が終了する月の20日までに、当社指定の銀行口座または郵便振替口座に振り込むものとします。

 

第14条(サービスの提供中止)

有料会員が、前条で定める会費を支払期日までに支払わなかった場合には、当社は、当該会員に対して本サービスのサービス提供(IDの無効化)およびメール配信を中止するものとし、会費が支払われた時点以降すみやかに、本サービスのサービス提供およびメール配信を再開するものとします。

 

第15条(有効期間)

1.本サービスの有料会員登録による本契約の有効期間は、有料会員が第3条第5項の規定により会員資格を取得して本契約が成立した日から、第12条第1項による契約期間のサービス提供満了月の末日までとします。

2.前項の期間満了日までに、有料会員から当社に対し本契約終了の意思表示をしないときは、本契約はさらに登録申請時の契約期間が延長されるものとし、以後も同様とします。

 

第16条(広告配信)

当社は、本サービスの提供にあたり、会員へ配信する電子メールに、当社がこれを適切と認めた広告主および広告代理店が掲載を希望する広告を添付または挿入することができるものとします。

 

第17条(異常時の取扱い)

1.会員は、本サービスに関して異常、故障または障害を発見した場合、当社に対し、すみやかに連絡を行うよう努めるものとします。

2.当社は、前項による連絡を受けまたは本サービスもしくは本サービスの提供のために使用される設備に異常、故障もしくは障害が生じ、もしくはその設備が滅失もしくは毀損したことを当社が発見した場合、当社は、すみやかにその設備を修理または復旧するよう努めるものとします。

3.当社は、前項による修理または復旧を行うために本サービスを停止する必要がある場合、停止に先立ち、会員に対し通知するものとします。ただし、緊急の場合は、この限りではないものとします。

4.当社は、当社または当社から委託を受けた者が第2項に基づく修理または復旧を行っている間、会員が本サービスの提供を受けられないことについて、当社に故意または重過失がある場合を除き、一切責任を負わないものとします。

 

第18条(サービスの停止)

1.天災、事変、その他の非常事態が発生しまたは発生するおそれがある場合、または、本サービスに関連して当社または運営保守受託企業が本サービスの提供のために使用される設備の保守を定期的にもしくは緊急に行う場合、当社は、自らの判断により、会員に対する本サービスの提供の全部または一部を中断および中止することができるものとします。

2.前項のほか、当社は、本サービスの全部または一部の提供を中止することがあります。

3.前2項の場合、前条第3項および第4項が準用されるものとします。

 

第19条(免責)

1.本サービスで提供する「情報」および「内容」は、当社が信用できるとみなした原資料から作成するもので、当社はその正確性、完全性の維持向上に努めますが、万一誤りがあった場合は、すみやか速やかにメール配信またはホームページ上で訂正の通知を行うこととし、それ以外の責任を負わないものとします。

2.会員が、文字数制限のある端末をメール配信先に指定したこと等によって、配信が完全に行われない場合にも、当社は一切責任を負いません。

3.当社は、本サービスの利用により発生した会員の損害(他の会員または第三者との間で生じたトラブルに起因する損害を含みます)、およびサービスを利用できなかったことにより発生した会員または第三者の損害に対し、本規約に特に定める場合または当社に故意または重過失がある場合を除き、一切責任も負わないものとします。

 

第20条(会員情報の取扱い)

1.会員は、本サービスに基づき当社に登録した自己の電子メールアドレス およびその他の会員の情報を、当社が本サービスを提供する目的で利用することに同意するものとします。

2.当社は、会員が登録した会員情報を、会員の同意を得ずに本サービスの運営以外の目的に利用しないこととします。ただし、当社の新サービスなどをご案内する場合には、会員情報を利用できるものとします。

3.前項の規定にかかわらず、法令に基づき裁判所その他の司法機関および行政機関から会員に関する情報の開示を要求された場合、当社は、会員に関して自らが有する全部または一部の情報を、当該司法機関および行政機関に対して開示することがあることに同意するものとします。

 

第21条(本規約の変更)

1.当社は、本規約の内容を1ヶ月間の予告期間をおいて適宜変更できるものとします。

2.前項の予告は、会員へのメール配信または当社のホームページへの掲載で行うこととし、当該メール配信日またはホームページ掲載日から1ヶ月以内に会員が退会手続を行わない限り、会員によって了承されたものとみなし、その時点をもって会員と当社との本規約は有効に変更されるものとします。

3.前項において、本規約の変更を承認しない有料会員は、前項の予告期間内であれば自由に退会を申し出ることができます。この場合において、当社は、当該有料会員が既に支払済みの会費を、下記の計算式により会員に対して返還するものとします。

【計算式】返還額=支払済み会費÷契約期間×未配信残月数(退会申出をした翌月以降)

 

第22条(通知)

1.本規約に基づく当社から会員に対する通知その他の連絡は、電子メールまたは書面をもって行うものとします。この場合、当社は、登録された会員の連絡先に通知することをもって通知が行われたものとみなすものとします。

2.前項の通知は、当社に故意または重過失がある場合を除き、かかる通知の通常到達すべきとき(電子メールによる場合は配信時に)会員に到達したものとみなすものとします。

3.当社は、会員全員に対する通知に関しては、当社のホームページ上に通知内容を公表することをもって、第1項の通知に代えることができるものとします。この場合、公表の時点をもって、通知が到達したものとみなすものとします。

4.本規約に基づく会員から当社に対する通知その他の連絡は、当社の電子メールアドレスに対する電子メールによるものとします。

5.前項の通知は、判読できる状態で当該電子メールが到達した時点をもって、当社に到達したものとします。

 

第23条(譲渡)

1.当社は、会員に対し通知することにより、本契約に基づく当社の地位または権利義務の全部または一部を第三者に譲渡することができるものとします。通知等は第21条及び第22条の規定に準じて行うものとします。

2.会員は、当社の事前の書面による承諾なく、本契約に基づく会員の地位および権利義務の全部または一部を第三者に譲渡、質入その他の担保設定その他の処分、賃貸または一時使用をさせてはならないものとします。

 

第24条(適用法、および専属的合意管轄裁判所)

本規約の準拠法は、日本法とします。また、当社と会員の間で訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

第25条(協議)

本サービスに関して会員と当社との間で問題が生じた場合、当社は会員と誠意をもって協議しその解決に努めるものとします。

 

第26条(その他の事項)

会員は、本規約に定めのない事項について、当社が別途定めるところに従うものとします。

 

附則:本規約は2005年10月1日から全ての会員に適用されるものとします。

 

改定 2009年7月6日

改定 2021年4月16日