【終了】〈文化通信セミナー〉6月30日
最高益を記録した実業之日本社の構造改革とは

事業投資会社傘下入りで気づいた出版社が持つ価値
― 最高益を記録した実業之日本社の構造改革とは―

 創業124年の歴史を持つ実業之日本社は今から5年前の2016年、経済情報配信のフィスコなどを中心とするシークエッジ・グループ傘下に入った。それ以来、長年の赤字体質を脱し、業績は急速に好転している。

 2020年度は電子書籍や文芸部門のヒットに加え、書籍部門の収益改善などによってグループ入り後、最高益を記録する増収増益決算となった。

 長年にわたり編集者として同社に在籍し、シークエッジ・グループ入りから社長を務める岩野裕一氏はその過程で、これまでの出版社は「物流」「決済」「与信」という経営の基本を見てこなかったことに気づいた。そこからの改革や新たな取り組みによって見えてきた出版事業の可能性についてお話いただく。

◆お申し込みはこちらから◆



◆日時:6月30日(水)15:00~16:30 (質疑応答の時間も含みます)

◆会場:LIVE配信(Zoom)
 
◆参加費:5000円(税込)


講師:岩野裕一氏(実業之日本社代表取締役社長)



【講師略歴】
 1964年東京都生まれ。87年上智大学文学部新聞学科卒後、実業之日本社に入社。編集、ライツ業務を経て、2014年に役員待遇、16年代表取締役社長に就任。現在、㈱クシム取締役などを兼務。在職中の11年、上智大学大学院文学研究科新聞学専攻博士前期課程修了(新聞学修士)。著書に『王道楽土の交響楽 満洲―知られざる音楽史』(音楽之友社)、『日本のピアノ100年 ピアノづくりに賭けた人々』(前間孝則氏との共著、草思社文庫)、『文庫はなぜ読まれるのか』(出版メディアパル)など

【申し込み方法】
 ・Peatixアカウントにログイン(アカウントをお持ちでない方は新規登録)していただき、参加人数分のチケットをご購入ください。
 ・支払方法はクレジットカード・コンビニ・ATM決済がご利用可能です。
 (コンビニ・ATM決済の場合は別途手数料220円がかかります)

【受講方法】
 ・チケット購入者様へ当日午前中までに、配信URLを個別メールにてお送りいたします。
 ・配信はZoomにて行います。


◆お問い合わせ:担当:営業部(孫/野中)
電話:03(3812)7466    メール:eigyou@bunkanews.co.jp

Back Number