〈 第16回文化通信フォーラム〉11月19日
新聞、出版、放送 マスメディアが向かう未来は? 新刊『2050年のメディア』の著者が講演

〈 第16回文化通信フォーラム〉新聞、出版、放送 マスメディアが向かう未来は? 新刊『2050年のメディア』の著者が講演

 2018年より前期は慶應SFC、後期は上智新聞学科で同名の講座を持つ下山進氏は10月25日、新著『2050年のメディア』(文藝春秋)を発刊する。


 読売新聞、日本経済新聞といった大手新聞社をはじめ、今や巨大企業となったヤフーなど、この20年の技術革新によるメディアの巨大な変化を、綿密な取材で描き出した下山氏。

 「紙かデジタルか?」「技術革新かスクープか?」――。その分水嶺は2005年だったと語る。1990年代から始まったメディア産業におけるネット企業の台頭に、危機感を抱いた大手紙はどう立ち向かってきたのか。そして、新聞、出版、放送メディアはこれからどこに向かうべきなのかを提言する。


◆日時: 11月19日 (火) 16:00 〜18:00 (受付開始15時30分)

◆会場:文化産業信用組合会議室
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-101神保町101ビル

◆講師:應義塾大学総合政策学部特別招聘教授(元文藝春秋)・下山進氏

◆参加料:5000円(税込)

◆お問い合わせ:野中、清水
電話:03(3812)7466    メール:eigyou@bunkanews.co.jp

お申し込みはこちらのフォームから

下山進氏

Back Number