【つぶや記】文化通信2020年2月24日付

2020年2月24日

 会社のすぐそばに、あの日乃屋カレーの本店がある。甘さとスパイシーさの比率が絶妙な、トロォリとしたルゥがたまらない。更に湯島本店では唯一、ラーメンとつけ麺も出している。何でも前身の店がカレーうどんの店だったからだとか。

 

 ならば殿堂入りのカレーでカレーラーメンを作ったら最強なのでは?という安直ながらも究極のメニューを、何と10年かけて遂に完成させたという!ので、食べてみた。美味い!美味いよ日乃屋のカレーラーメン。茹でキャベツとコーンの甘味が、カレールゥベースの心地よい辛みのスープと絡んだ麺を引き立てる。これで最後の晩餐にカレーとラーメンどちらか決めきれない人も救われる、そんな一品だ。

 

 ところで、あるグルメ企画を考えているので動き始めた時は是非宜しくお願いしますね。

 

【野中琢規】

 


 

 世の中はコロナウイルス一色。おまけに花粉も飛び始めた。夫は花粉症なために本気でマスクのストックを心配している。

 

 にしても外に出ると、マスクをしている人が多いのに毎度驚く。こんなにマスク不足が報道されているのに、皆さんどうやってマスクを手に入れているんだろうか。もともと災害が多い日本人は危機管理能力が高いのだろうか。

 

 ドラッグストアを見かけたら一応入ってみてマスクがあるかチェックするけれど、案の定一枚も売られていない。こういう時こそ政府の素早い対応を期待したいところ。

 

 一日も早く、東京オリンピックに向けて世界中の人が安心して来日できる日常を取り戻したいものだ。目に見えないウイルスと戦う日常からは抜け出したいなあ、本当に。

 

【宮﨑智子】