梅田 蔦屋書店人文コンシェルジュが『千年の読書』刊行 250冊超を紹介する読書エッセイ

2022年1月14日

 

 CCC 蔦屋書店カンパニーは1月14日、「梅田 蔦屋書店」の人文コンシェルジュ・三砂慶明氏による読書エッセイ『千年の読書 人生を変える本との出会い 』(誠文堂新光社)の販売を開始した。

 

 三砂氏は、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が運営する「梅田 蔦屋書店」の人文コンシェルジュ。同店で、多くの出版社とともに選書・フェアを行う「読書の学校」を企画・運営してきた。

 

 『千年の読書』は、250冊を超える古今東西の本を紹介しながら、「なぜ、人生には本が必要なのか」を探求していく読書エッセイ。三砂氏が日常生活で見たこと・聞いたこと・考えたことに寄り添うように様々な本の一節が引用され、本をめぐる考察が加えられている。そして、その考察から本を通した世界の見方、人生を変える本に出会うためのヒントが浮かび上がってくる一冊となっている。

 

 書店の棚が1段30冊前後でおおよそ7段であることにちなみ、同書は全7章で構成され、1章で書棚1本分の30冊程度の本を紹介。7つの章はそれぞれ「本との出会い」「生きづらさ」「働き方」「お金」「食」「幸福」「死」といったテーマをもっている。

 

 刊行を記念して、日本各地の書店員10名が寄稿したフリーペーパー「千年売り続けたい本」も制作された。

 

□四六判/304ページ/定価 1980円

 

三砂慶明(みさご・よしあき)氏