読書バリアフリー法・著作権法改正への対応で JPOが説明会開催へ

2021年11月24日

 一般社団法人日本出版インフラセンター(JPO)は、「JPRO/Books新企画~ 読書バリアフリー法・著作権法改正への対応施策 ~」に関する説明会を12月9日に開催する。説明会は、一橋講堂でのリアル開催とZoomを利用したオンライン形式を併用して行われる。

 

 

 JPOが運営する出版情報登録センター「JPRO」 は 2014 年、著作権法改正での2号出版権(電子)の創設に合わせ、出版 権 情 報を含む総合的な出版情報デー タベースを目指して発足。2021 年 10 月末時点で参加2200社、毎月約7000点の出版情報が登録され、その総数は260万点に達している。

 

 同データベースは、権利登録の機能完成後、取次に向けた広報誌・新刊案内・物流情報の機能を提供したほか、図書館向け選書情報、書店向け販促情報を追加。輸送問題に関しても書籍進行フォーマットに対応している。今年春からは雑誌の基本情報、 10 月からは詳細情報の提供も加わる。これらの情報は一般向けのサイト「Books」と書店 ・ 図書館向けのサイト「BooksPRO」で公開され、活用されてきた。

 

 また、来年から、出版業界の重要課題である「著作権法改正による図書館関係の権利制限」や「読書バリアフリー法」に対応する「マルチコンテンツ情報」(電子化、オンデマンド、異版、オーディオブック等)の登録と「Books」での表示が予定されている。

 

 今回の説明会では、追加された「JPRO」の機能に加えて、法改正に対応したポイントの解説も用意。説明会にはJPOホームページの申込フォームから事前申込をすることで参加できる。定員はリアル参加が先着200人、オンライン参加が先着500人。後日、アーカイブ動画をホームページで公開する予定。