岩手日報社・東根千万億社長インタビュー これからの10年が本当の復興期間、次世代のため魅力ある地域づくりを

2021年3月15日
  東日本大震災は3月11日、発生から10年を迎えた。沿岸地域を中心に、甚大な被害を受けた岩手県。その地元紙の岩手日報社(岩手県盛岡市)は発災当初から、被災地や被災者を応援し続けるとの強い思いで、新聞づくりを続けている。そして、今後起こりうる首都直…続き、