7月の新聞折込広告 首都圏の枚数は前年比 23・6%減、マイナス幅は縮小

2020年9月8日
 日本新聞折込広告業協会(J―NOA)はこのほど、2020年7月の首都圏折込広告出稿動向を発表した。それによると、7月の首都圏全体の1世帯1カ月あたりの折込広告平均枚数は307・8枚、前年比23・6%の減少となった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、4~6月…続き、