【第2回】コミックス市場を広げるプロモ戦略 講談社の価格施策、書店店頭活用で成果

2020年4月3日
 講談社は2019年、『五等分の花嫁』のアニメ化でコミックス原作を300万部以上重版した。同年1月から始めた、紙版と電子版で初めての合同キャンペーン「春のマンガまつり」には40万通もの応募があるなど書店店頭と電子ストアを融合させた販促が成功している。業界の中でもいち早く…続き、