2020年度「年間発売日カレンダー」発表 年間休配日は土曜22回、平日3回に

2020年1月15日

2020年度「年間発売日カレンダー」、稼働日は266日間

 

 日本出版取次協会(取協)と日本雑誌協会(雑協)は1月15日、2020年度「年間発売日カレンダー」を発表した。土曜休配日は年間22回(オリンピック、パラリンピック期間の土曜日5日間は首都圏の交通事情を考慮しこれに含めたもの)、平日休配日は年間3回(年末12月29日を含む)に設定している。

 

 今年度の稼働日は266日間。また、今後も週休2日の早期実現を目指し、両団体で継続的に協議を続けることが確認された。

 

土曜休配日は前年度比7回増、平日休配日も設定

 

 今年度は出版物の売上低迷とそれに伴う業量の減少、運送会社を取り巻く環境問題等の現状を踏まえ、①運送会社の「労働時間等の法令遵守」「働き方改革の推進」、②業量の平準化を最大限考慮に入れ協議を重ねてきた。なお、19年度は土曜休配日が年間15回、平日休配日は設定されていなかった。

 

【鷲尾昴】

【関連記事】昨年度の「年間発売日カレンダー」

雑誌協会理事会、雑誌の土曜休配日は年間15日に