トーハン JAPAN EXPO 日本企業ブースエリアを運営

2019年7月5日

 トーハンは7月4~7日の4日間、フランス・パリ・ノール・ヴィルパント展示会場で開催されている「第20回JAPAN EXPO」のメインパートナーとして、日本企業の出展ブースを集めたエリア「SAIKO! JAPAN」を運営している。 


 SEFA EVENT(JTS GROUP)が主催する「JAPAN EXPO」は2000年にパリで始まり、12年からは毎年の入場者が20万人(昨年度実績23万8241人)、出展社が600を超える世界最大の日本イベントの一つ。


 漫画、アニメ、ゲーム、アイドルなどのPOPコンテンツをはじめ、伝統工芸、文化芸能、日本食、先端テクノロジーなど、幅広いジャンルの文化を紹介する日本カルチャーの祭典。今年は出展ブース数903ブース、来場者24万人を予測している。


 トーハンはJAPAN EXPOの公式メインパートナーとして11年から日本企業の出展窓口をつとめており、今年も日本企業の出展ブースを集めたエリア「SAIKO! JAPAN」の運営にあたっている。今年度は14社、40ブース規模で展開している。


 「SAIKO! JAPAN」エリアの中心にある「SAIKO! STAGE」では、来場者とコミュニケーションできるステージとして、アーティストライブやサイン会、撮影会、映像放映などイベントを実施し、出展企業の現地プロモーションを支援している。