読売の協会賞スクープ、その舞台裏が単行本に

2012年11月20日
 2012年度の日本新聞協会賞・編集部門の「ニュース部門」を受賞した東京電力女性社員殺害事件を巡る読売新聞の一連のスクープの舞台裏を描いた単行本「東電OL事件 DNAが暴いた闇」(読売新聞社会部著)が11月10日、中央公論新社から出版された。 再審開始を決定づけ…続き、