角川書店、富士見書房を分社化 新規分野にも取り組む

 | 
2005年10月13日
角川書店は10月1日、「富士見書房」ブランドを展開してきた富士見事業部を、株式会社富士見書房として分社設立した。 資本金は2億5000万円で、100%角川ホールディングスが保有。新会社は富士見事業部がこれまで展開してきた若者向け文庫、コミック、雑誌などの事業を全て引き継…続き、