文化通信

紙面PDF・モバイル データベースの購入・利用はこちらから

HOME > おくやみ > 記事

おくやみ:辰濃和男氏87歳(元朝日新聞社論説委員、元「天声人語」担当)

  • 辰濃和男氏87歳(元朝日新聞社論説委員、元「天声人語」担当)
  • 2017.12.12

 【訃報】辰濃和男氏87歳(たつの・かずお=元朝日新聞社論説委員、元「天声人語」担当)12月6日12時37分、老衰のため東京都内の病院で死去。葬儀は11日午後、家族葬にて執り行われた。喪主は長男・哲郎(てつろう)さん。

 1953年東京商科大学(一橋大学)を卒業後、朝日新聞社入社。浦和支局員、社会部、ニューヨーク支局長、社会部次長、編集委員、論説委員などを歴任。75年から88年までの12年余り、朝日新聞1面コラム「天声人語」を担当した。93年退社。94年朝日カルチャーセンター社長。2004年〜07年日本エッセイスト・クラブ理事長。退社後も執筆活動を続け、今年6月に発刊された『極上の人生 人生を楽しむ四つの美学』が最後の本となった。

 5年前に体調を崩したものの、辺野古の米軍基地問題をめぐって15年11月以降、不自由な足を引きずりながら6度に渡って沖縄を訪れ取材を続けた。今年7月に軽い脳こうそくで入院、リハビリ生活を余儀なくされていた。最後は全身状態が悪化して、亡くなった。

インフォメーション

★第4回文化通信フォーラム「サンマーク出版がベストセラーを生み出せる背景―企画の独自性と、徹底的なプロモーション」はこちらから
工藤グループ
出版物セールスプロモーション・コールセンター・営業マン人材派遣ならブリッジへ