文化通信

紙面PDF・モバイル データベースの購入・利用はこちらから

ニュース

JTBパブリッシング、地域情報の新メディア「るるぶキッチン」オープン

2017.07.06

 JTBパブリッシングは6月15日に港区・赤坂にある、赤坂バル横丁内に同社初の直営飲食店舗editor’s fav「るるぶキッチン」をオープン。同21日にプレスレセプションを実施し、多くのメディア関係者で賑わった。

 同店は「るるぶ」をはじめ、旅行ガイドブックを手掛ける同社が、全国各地の取材で知った各地の食材や料理を、リアルの場で提供するバルスタイルの飲食店。

 全国各地の食材を使用し、季節ごとにメニューが変わる「グランドメニュー」と、2〜4週間サイクルで変わる、限定した地域の食材を使った「特集メニュー」の2パターンを提供。

 特集メニューは料理だけでなく観光情報も添えるなど、ガイドブックの体裁になっており、どちらのメニューも持ち帰ることができる。

 「特集メニュー」の第1弾として、宮古産のイクラを使用した「醤油漬けイクラとすりおろし林檎のあえもの」など、岩手県宮古市をテーマにしたメニューを揃え、7月15日以降は伊豆をテーマにした特集メニューを予定している。

 ドリンクには日本産のぶどうを100%使用した「日本ワイン」を10種類以上常備。料理、ドリンクともに「日本」にこだわったメニュー構成にしている。

 さらに同店で使用している調味料だけでなく、特産品や銘菓なども購入することができる。

 同社・マーケティング本部の青木洋高氏は、「この店をひとつのメディアをとしてとらえている。お客様が日本の各地域に関心を持ち、もっと地域のことを知りたい、旅行に行ってみたいと思ってもらえる店にしたい」と話す。

 赤坂バル横丁内には餃子やカレーなど同店を含む、バルスタイルの飲食店が9店舗入っている。

インフォメーション

★第4回文化通信フォーラム「サンマーク出版がベストセラーを生み出せる背景―企画の独自性と、徹底的なプロモーション」はこちらから
工藤グループ
出版物セールスプロモーション・コールセンター・営業マン人材派遣ならブリッジへ