文化通信

紙面PDF・モバイル データベースの購入・利用はこちらから

ニュース

本の学校連続講座で戸田書店・高木久直店長が講演

2017.05.11

 本の学校は6月22日、東京・千代田区の文化産業信用組合3階会議室で、第20回本の学校連続講座を開催し、戸田書店掛川西郷店・高木久直店長が「"地域の読者"に本を確かに届けるには」をテーマに講演する。

 高木氏は、1998年に戸田書店のフランチャイズ企業に入社し、1年でリブレ菊川店の店長に。その後、戸田書店に出向し、静岡本店、店舗開発勤務を経て、2009年よりエリア長を務める。

 また、12年にスタートした静岡書店大賞の初代事務局長を務めるなど、書店チェーンの枠を超えた活動にも参加。16年12月には、自費でワゴン車を改装して移動新刊書店「『走る本屋さん』高久書店」を立ち上げ、休日などを利用して、書店のない地域や学校を巡回して本を届けている。

 講演会では、さまざまな形で地域に本を届けている高木氏に、本を届けることへの思いやノウハウ、書店業において大切にしていることなどについて語ってもらう。

 セミナーの開始時間は、18時半。参加費は、2000円。セミナー終了後に、別会場で懇親会を開催する。参加料は4000円(予定)。

 参加申し込みは、「こくちーずpro」で受け付けており、検索サイトから「本の学校 こくちーず」で検索し、申し込む。または、本の学校事務局宛メール、FAXでも受け付けている。その際は、「名前」「所属」「メールアドレス」「電話番号」を忘れずに記載して申し込む。

インフォメーション

★第4回文化通信フォーラム「サンマーク出版がベストセラーを生み出せる背景―企画の独自性と、徹底的なプロモーション」はこちらから
工藤グループ
出版物セールスプロモーション・コールセンター・営業マン人材派遣ならブリッジへ