文化通信

紙面PDF・モバイル データベースの購入・利用はこちらから

ニュース

朝日新聞、展覧会をより便利に豊にするアプリ「Museum Note」開始

2016.12.13

 朝日新聞社は 12月から、展覧会の開催情報やお得クーポンが届くスマートフォン向け無料アプリ「ミュージアムノート(Museum Note)」の提供を始めた。同社の催事分野では初めてアプリ。Android 端末用は Google Play で、iPhone 端末用は App Store でダウンロードできる。

 「ミュージアムノート(Museum Note)」は美術展から博覧会、キャラクター展まで、展覧会ファンのためのアプリ。まずは女性に人気の北欧発デザイン「マリメッコ展」(2016 年 12 月17 日〜17 年2月12 日、東京都渋谷区のBunkamura ザ・ミュージアム)と、「草間彌生 わが永遠の魂」(17 年 2月 22 日〜5月22 日、東京都港区・国立新美術館)を掲載する。

 便利な機能の一つは、「今度の週末どこ行こう?」。オススメの展覧会の情報を一覧にして掲載し、休館日やアクセスも一目でわかるようにした。また、会期中に決まったイベントやキャンペーンなど、告知チラシに載っていない情報も届ける。

 もう一つは、展覧会の展覧会の思い出や作品への想いを書き込める「Myノート」。さらに、観覧料が割り引きになるクーポンが発行されるお得な機能も。今後、展覧会グッズがもらえる、あるいは当たるクーポンなど、さまざまなクーポンを企画・発行する予定だという。行きたいと思っている展覧会を逃さないため、おすすめの展覧会の開幕・閉幕前に、プッシュ通知でしらせる機能もある。
ます。

 今回のアプリは、アイリッジ(東京・港区、小田健太社長郎)をパートナーとして制作しました。同社はスマートフォンを活用し、オンライン(ネットやアプリ)とオフライン(実店舗)の相互連携などを促進するO2O(Online to Offline)支援を行っており、位置情報連動型サービスの分野では実績がある。

インフォメーション

★第3回文化通信フォーラム「アメリカで独立系書店が元気な理由―文化通信海外視察からの報告」はこちらから
工藤グループ
出版物セールスプロモーション・コールセンター・営業マン人材派遣ならブリッジへ