文化通信

紙面PDF・モバイル データベースの購入・利用はこちらから

ニュース

本屋EDIT TOKYO、本屋B&Bが期間限定でオープン

2016.11.07

約20坪の本売り場

 東京の下北沢で「本屋B&B」を運営するNUMABOOKS(代表・内沼晋太郎)と博報堂ケトル(代表・嶋浩一郎)は11月1日、東京・中央区の銀座ソニービルに「本屋 EDIT TOKYO」をオープンした。同ビルが解体される2017年3月末までの期間限定営業となるが、平日は毎日、編集者をゲストにイベントを開催するなど、ここでも新しい書店のあり方を実験する。

 「本屋 EDIT TOKYO」は、本の販売スペース約20坪とイベントスペース約50坪。2012年から営業を続けるB&Bでの実績をベースに、「東京を編集する」をコンセプトとした新たな取り組みを行う。

 店内には東京をテーマとした選書コーナーを設置し、東京の日用品をテーマとした読書グッズなどのアイテムを展示・販売する。棚などはB&Bと同様にヴィンテージ家具店KONTRASTの商品展示を兼ねており、什器そのものも販売している。また、ソフトドリンクも販売するほか、イベントではビールの提供も行う。

 営業時間は月〜金が11〜21時、土日は11〜19時。定休日は2017年1月1日。取引取次はトーハン。

 また、内沼氏と嶋氏は、今年6月から福岡市中央区の天神で「Rethink Books〜本とビールと焼酎と〜with Ploom TECH」も運営している。

 B&Bは12年7月に東京都世田谷区の下北沢でオープン。本とビールを出すという意味でB&Bと名付け、什器の棚なども販売したり、毎日有料イベントを開催するなどして、新しい持続可能な「街の本屋」のあり方を探ってきた。

□所在地=東京都中央区銀座5―3―銀座ソニービル6階/電話=03(6274)6892。

関連記事

インフォメーション

★ 文化通信海外視察「ニューヨーク出版・書店事情視察ツアー」は こちら から
工藤グループ
出版物セールスプロモーション・コールセンター・営業マン人材派遣ならブリッジへ