文化通信

紙面PDF・モバイル データベースの購入・利用はこちらから

ニュース

デアゴスティーニJ、フェラーリを24分の1ダイキャストモデルで

2016.08.26

ワゴンや平台で大々的に大々的に展開した店舗で実績があがっている

 デアゴスティーニ・ジャパンは8月30日、毎号フェラーリのダイキャストモデルが付く隔週刊マガジン『レ・グランディ・フェラーリ・コレクション』(全60号)を8万部で創刊する。通常価格が1号4490円(税込)と同社パートワークでは最も高額ながら事前の試験販売は好調で、特に大きく展開した店舗での売れ行きが良いという。

 毎号1台付くモデルは、日本では入手が難しい24分の1スケールで、アクリル製のコレクションケースに入っている。ダイキャストならではの重厚感があり、コックピットやエンジンなどを細部まで再現。顧客がこうした重みやディテールを店頭で実感できるよう、希望する書店には見本モデルを提供する。

 マガジンも実際のカタログのように通常より高級感のある体裁で、附属マシンの開発経緯やエンジンやボディの詳細、デザインの設計、詳細なスペックなどをフルカラーで紹介する。

 価格は創刊号特別価格が1990円(同)、第2号特別価格が3480円(同)、3号以降が通常価格となる。60号合計価格は26万5890円(同)。昨年1月に創刊したやはり高価格の『ジッポーコレクション』(通常価格3499円)の売れ行きも良好だが、試験販売ではフェラーリもほぼ同様の売れ行きだといい、「高額でもほしい人は買う。十分にいける」(営業部・岡啓太郎マネージャー)と手応えを得ている。

 今年初めに実施したチェーン書店2社での試験販売では、一方がパートワークの売り場で、もう一方が入り口やレジ廻りでワゴン展開した結果、後者の販売数が前者に比べて20%上回った。

 岡マネージャーは「高単価の商品なので売れる場所で大きく展開することが重要」と述べる。

 また、パートワークは創刊以降の販売推移がほぼ一定しているため、創刊号を最大化することが最終的な売り上げの拡大に結びつく。さらに、定期購入された場合の販売総数が非定期購入の4・8倍に達するというデータもあることから、店頭で2号以降を購入する顧客に定期購読を進めることが効果的だという。

 岡マネージャーは「フェラーリファンを初めとしてこの商品も継続率がかなり期待できる」とみている。

 創刊に際しては2週間でテレビCMを約200本、延べ視聴率1200GRP放映するなど大々的なプロモーションを展開する。

□A4変型判/マガジン36蓮

ジャズの名盤LP『ジャズ・LPレコードコレクション』9月27日創刊

 さらに同社は9月27日、毎号ジャズの名盤LPレコードが附属する隔週刊マガジン『ジャズ・LPレコードコレクション』(全85号予定)を創刊する。

 1号のマイルス・デイヴィス「Kind of Blue」、2号のジョン・コルトレーン「Blue Train」をはじめとしたジャズの名盤を、かつてのジャケットそのまま、180グラムの重量版で提供する。

 創刊号特別価格が990円(税込)、2号特別価格が1990円、3号以降の通常価格が2980円、85号合計本体価格は23万1757円。

 また、レコード専用収納ケースを3号と同時発売し、2017年4月注文分までは期間限定特価647円(本体)で、それ以降は1388円(同)で提供する。

 このところレコードの市場は伸びている。岡マネージャーは「パートワークコーナーだけではなく音楽コーナーでも展開を」と述べており、書店に対して中身を確認できる見本盤も提供していくという。

□A3変形判/マガジン8蓮

インフォメーション

★第2回文化通信フォーラム「ネットと出版、連携の可能性を探る―「エブリスタ」ベストセラーを生み出す小説投稿サイトの現状と展開」はこちらから
工藤グループ
出版物セールスプロモーション・コールセンター・営業マン人材派遣ならブリッジへ