文化通信

紙面PDF・モバイル データベースの購入・利用はこちらから

ニュース

【熊本地震関連】明林堂、金龍堂の一部店舗は再開の目処たたず

2016.04.18

 宮脇書店の傘下で九州を中心に63店舗を展開する明林堂書店は、熊本県内の12店舗のうち熊本市内にある5店舗全店が破損などにより休業状態にある。再開は未定。

 一方、熊本県内に6店舗展開する東京ブッククラブ金龍堂は、熊本市中央区の中心商店街にある基幹店舗まるぶん店と知同市の東バイパス店は地震の被害によって再開の目処がたっていない。八代店(八代市)は18日から営業を再開、本庄店(熊本市)は19日から営業を再開する予定だという。

 まるぶん店は社屋にヒビが入り、屋上の水タンクが破損して水漏れ。店舗内は立ち入り禁止となっている。

インフォメーション

★ 第1回文化通信フォーラム「大垣書店“百年書店"への道―地域で独立系書店を続ける戦略とは」は こちら から
★ 文化通信海外視察「ニューヨーク出版・書店事情視察ツアー」は こちら から
工藤グループ
出版物セールスプロモーション・コールセンター・営業マン人材派遣ならブリッジへ