【9月23~25日】〈連続セミナー〉出版プロモーションのすべて

2020年8月31日

第2回「出版プロモーションのすべて」

 

 プロモーションの手法は多様化し、同時に出版流通激変の中で、市場や書店に書籍の存在をいち早く、しかも確実に知らしめるのは、最重要課題です。プロモーションの成功が書籍販売を左右すると言っても過言ではありません。

 

 また、コロナ禍という予期せぬ事態の中で、これからの出版プロモーションは、どこに向かうのか。

 

 新聞広告やテレビなどのメディア露出、Twitterやnoteといったデジタルツール、出版流通やコミュニティを通してのプロモーションなど、出版プロモーションの基本から実践まで、最前線の事例とともに学べる、連続6講座です。

 

 ※各講座の詳しい講義内容は確定次第、順次公開して参ります。

 

◆お申し込みはこちらから◆

 

【日時】
 9月23日(水)、24日(木)、25日(金)
 前半講座:14:00~15:30
 後半講座:16:00~17:30

 

【会場】
 オンライン(Zoomミーティングで行います)

 

【受講料】
 6講座通し受講 40,000円(税込)
 ※各講座単体での受講(8,000円)は、9月7日から受け付けを開始いたします。 

 

【定員】
 各講座40名限定
 ※それぞれ定員に達し次第締め切らせていただきます。

 


 

①9/23 前半講座 「新時代に向けたPRへの挑戦」
 山科博司氏(株式会社ポプラ社 宣伝プロモーション部部長)

〈講師略歴〉
 1977年生まれ。関西学院大学商学部卒。2001年ポプラ社入社。
 中部エリア営業担当、一般書編集部、営業企画部などを経て、現宣伝プロモーション部部長。
 2019年NPO法人こどもの本総選挙事務局プロデューサー。

 

◆単体のお申し込みはこちらから◆

 


 

②9/23 後半講座 「書籍売上を拡大する販売の仕組みづくり」
 講師:阿部有希氏(株式会社日経BP 出版マーケティング部)

〈講演内容〉
 雑誌中心だった日経BPは、ここ数年、書籍売上が雑誌を超えるまでに拡大している。
 背景には早期に重版を決め、効果の高い宣伝を実施し、それらを書店営業と綿密に連携するなど、販売面の仕組み強化を行ったことがある。
 近年、『FACTFULNESS』などヒット書籍を生み出してきた取り組みについて阿部有希氏が語る。

〈講師略歴〉
 1985年生まれ。電気通信大学大学院卒。2010年楽天入社。
 楽天ブックスに配属され、出版社営業→広告→マーケティングを担当。
2015年日経BP入社。出版マーケティング部で書籍の宣伝・部決を担当。19年から雑誌の宣伝・部決・取次営業も担当。

 

◆単体のお申し込みはこちらから◆

 


 

③9/24 前半講座 「出版流通に欠かせない早期の刊行情報提供と事 前プロモーション」
 古幡瑞穂氏(日本出版販売株式会社 マーケティング部MD課長)

〈講師略歴〉
 1975年長野県生まれ。立教大学法学部卒。日本出版販売入社。
 特販営業部、楽天ブックス等を経て、2003年にwww.推進部に異動。以降、データマーケティング・販売企画の業務を中心に担当。広報課長の兼務を経て現職。NPO本屋大賞実行委員会理事。

 

◆単体のお申し込みはこちらから◆

 


 

④9/24 後半講座 「ゲラ読みサービス『ネットギャリ―』を活用した発売前プロモーション施策」
 藤吉信仁氏(株式会社メディアドゥ ネットギャリ―担当)

〈講師略歴〉
 1986年大阪府生まれ。関西外国語大学英米語学科卒。取次、書店を経て、株式会社出版デジタル機構(現株式会社メディアドゥ)に入社。ネットギャリーのローンチ後、営業担当として携わり、現在は事業責任者として専任。

 

◆単体のお申し込みはこちらから◆

 


 

⑤9/25 前半講座 「Twitterを利用した書籍売上拡大と広告活用」
 谷本晴樹氏(Twitter Japan グローバルコンテンツパートナーシップ シニアマネージャー)
 久保沢しおり氏(Twitter Japan メディア&エンターテイメントチーム 出版・電子書籍・映画配給担当)

〈講師略歴〉
■谷本晴樹氏
 一般財団法人尾崎行雄記念財団主任研究員などを経て2014年よりTwitter に入社。現在、グローバルコンテンツパートナーシップ シニアマネージャー。著書に『統治を創造する』(共著、春秋社、2011年)、『グローバリゼーション再審 : 新しい公共性の獲得に向けて』(共著、時潮社、2011年)などがある。

■久保沢しおり氏
 1990年青森県生まれ。首都大学東京卒。
2014年からサイバーエージェントグループで広告営業を経験し、2016年よりTwitter Japanにて広告営業に従事。
 メディア&エンターテイメントチームに所属し、主に出版社、電子書籍、映画配給会社を担当。

 

◆単体のお申し込みはこちらから◆

 


 

⑥9/25 後半講座 「noteを活用した、書籍のあたらしい届け方」
 志村優衣氏(note株式会社 ディレクター)

〈講師略歴〉
 新卒で通信会社に入社し、法人営業とSEを経験。その後、書店員、編集者を経て、2019年ピースオブケイク入社。
 個人・法人のnoteクリエイターのサポート、各種イベントの企画・運営、出版社や編集プロダクションなど各種パートナー企業との協業などを担当。

 

◆単体のお申し込みはこちらから◆