文化通信

紙面PDF・モバイル データベースの購入・利用はこちらから

ニュース

2018年の出版市場は紙・電子合計で3・2%減に

2019.01.25

 出版科学研究所によると2018年1〜12月の出版市場は、紙と電子をあわせて前年比3・2%減の1兆5400億円になった。紙の書籍・雑誌は1兆2921億円、同5・7%減、電子は2479億円、同11・9%増だった。

 紙の市場は書籍が6991億円、同2・3%減、雑誌が5930億円、同9・4%。雑誌の内訳はムック・コミックスを含む月刊誌が同9・3%減、週刊誌が同10・1%減。月刊誌のうち定期誌は同約9%減、ムックは同約12%減、コミックスは同約7%減。コミックスは昨年夏頃から大手出版社各社が定価を値上げしたことや、海賊版サイトの閉鎖、人気作品の登場などで年後半は回復したため、雑誌全体での二桁減を免れたという。

 書籍は児童書、ビジネス書は前年並みで堅調だったが、文芸、実用、文庫、新書などがマイナスになった。

 電子は、電子コミックが同14・8%増の1965億円、電子書籍(文字もの)が同10・7%増の321億円、電子雑誌が同9・8%減の193億円となった。電子雑誌は、最大市場のNTTドコモ「dマガジン」の会員が減少したことが影響した。

インフォメーション

★第4回文化通信フォーラム「サンマーク出版がベストセラーを生み出せる背景―企画の独自性と、徹底的なプロモーション」はこちらから
工藤グループ
出版物セールスプロモーション・コールセンター・営業マン人材派遣ならブリッジへ