文化通信

紙面PDF・モバイル データベースの購入・利用はこちらから

ニュース

ポプラ社、小学生による「子どもの本総選挙」開催

2017.11.02

 ポプラ社は11月1日、「小学生がえらぶ! 爐海匹發遼椨畫軈挙」の開催を発表した。投票により発行出版社を問わず「こどもたちが選んだ本ベスト10」を選び、来年のゴールデンウィークに開催を予定しているイベントで発表。来夏には書店店頭で展開することを計画している。

 この企画は同社70周年の社内企画として生まれた。今年10月時点での小学生全員を対象に、好きな本を投票してもらう。来年2月16日に投票を締め切り、投票数に基づいて「こどもたちが選んだ本ベスト10」を選出。5月5日に予定しているメディア向けイベントで発表する。

 投票方法は投票用紙または投票ページの郵送、またはパソコン・スマートフォンからも投票できる。

 告知は2000店を超える書店店頭、全国6600の小学校でポスターを掲出するほか、小学校へのダイレクトメール、公共図書館や小学生新聞、全国紙での広告、同社ホームページやツイッターなどを活用し、小学生に広く投票を呼びかける。

 投票者には抽選でA賞「最強のグッズ缶」B賞「最強の思い出作りコース」、C賞「こどもの本屋さん書店員体験コース」、D賞「出版社1日社長・1日編集長体験コース」を贈る。

 ポスターのイラストはヨシタケシンスケ氏、デザインは寄藤文平氏。

ホームページhttps://www.poplar.co.jp/company/kodomonohon/

インフォメーション

★第4回文化通信フォーラム「サンマーク出版がベストセラーを生み出せる背景―企画の独自性と、徹底的なプロモーション」はこちらから
工藤グループ
出版物セールスプロモーション・コールセンター・営業マン人材派遣ならブリッジへ